TOPページへ戻る > 地域型住宅ブランド化事業 北緯50度の家
スーパーシェル高性能協議会が、国土交通省・平成25年度地域型住宅ブランド化事業に採択されました。
地域型住宅の名称:N50°(北緯50度の家) グループの名称:フロンテイア spirits 北海道
私たちは北海道に暮らす人の気持ちを考えた
「北海道に暮らす人の気持ちを考えるからこそ、挑戦をやめわけにはかない!」そんな想いで結成したチーム”フロンティア spirits 北海道”。
北方型住宅を超えた”超”北海道住宅(北緯50度の家)をテーマに、積雪・地震に強く、高齢者に優しい健康に配慮した家づくりを推進します。
 
北方型の家【極めつけ】仕様
158mm断熱パネル
厚さ140mmの発泡ウレタンで徹底断熱。
基礎断熱
全棟基礎断熱を実施。
高性能サッシを標準装備
さらなる高断熱・高気密化を。
エネルギー見える化
ツール省エネへの取組み。
モノコック構造
枠組壁工法で高耐震性を実現。
気密測定
全棟気密測定を実施。
ヒートポンプ標準装備
快適な暮らしを実現。
VOC測定
第三者機関により、VOC測定を実施。
健康に配慮した住宅実現。
ホームインスペクション
第三者機関によるホームインスペクションの全棟実施。
住宅履歴情報の管理
第三者機関(情報サービス機関)と連携しての維持管理。お施主様への充実したサポートを実現。
グループ相談窓口の設置
引渡し済のお施主様向けコールセンターを設置し、不具合への24時間対応。対応記録を保管・蓄積し、品質の向上を目指します。
 
*
地域型住宅ブランド事業については、詳しくはこちらをご覧ください。
国土交通省 地域型住宅ブランド化事業 地域型住宅ブランド化事業評価事務局
http://www.chiiki-brd.jp/
*
国土交通省 地域型住宅ブランド化事業 長期優良化住宅についてはこちら
 
このページの一番上へ